沿革・実績

◆沿革

昭和52年 9月
千葉県柏市に株式会社センダガスを設立
昭和52年10月
神奈川県横浜市に横浜営業所を設置
昭和55年 5月
東京都江東区に東京営業所を設置
昭和59年 4月
東京都豊島区に東京営業所を移転
平成元年11月
埼玉県桶川市に埼玉営業所を設置
平成 5年12月
株式会社埼北総合ガスセンター設立に参加
平成 9年 7月
東京営業所を埼玉営業所へ併合
平成 9年 9月
本社を千葉県柏市から埼玉県桶川市へ移転

◆商品開発/技術開発

昭和57年 2月
LPGタンク用、気密試験専用車両Y1.5にて供給開始
昭和62年10月
NMR用、液化窒素供給作業を開始
昭和62年12月
NMR用、液化ヘリウム供給作業を開始
昭和63年 7月
NMR用液化窒素(非磁性容器)を購入
昭和63年10月
特定ユーザー向け、ヘリウムガス専用BOX『BLUE BOX』販売開始
平成元年 4月
MRI用、液体ヘリウム供給作業を開始
平成 2年 8月
MRI用、液化窒素供給作業を開始
平成 7年 4月
一般ユーザー向け、ヘリウムガス専用BOX『ORANGE BOX』販売開始
平成11年 5月
自社所有NMR用液化窒素容器を全て非磁性容器へ変更
平成12年 4月
半導体装置、高圧ガス供給パネルの販売開始
平成13年10月
半導体装置設置、高圧ガス供給配管の施工開始
平成14年10月
超高純度ヘリウム(非磁性)の販売開始
平成15年 8月
特定ユーザー向けヘリウム専用BOX『BLUE BOX』販売終了
平成15年 8月
超高純度ヘリウム容器専用ボンベスタンド(非磁性)の販売開始
平成15年11月
SQUID(環境磁場測定)用、液化ヘリウム供給作業開始
平成16年 7月
特殊ガス交換作業開始
平成17年12月
自社所有液化窒素容器を全て非磁性容器へ入替
平成18年 2月
耐震固定金物(耐震強度計算書付)受注販売開始
平成18年 7月
MRI用トランスファーチューブ真空検査作業を開始
平成18年 9月
NMR用トランスファーチューブ真空検査作業を開始
平成20年 9月
一般ユーザー向けヘリウム専用BOX『ORANGE BOX』販売終了
平成21年10月
MRI用、トランスファーチューブ(万能型)開発
平成23年 4月
再生医療用細胞保存容器の運搬・設置作業開始
平成23年 4月
再生医療用細胞保存容器への液化窒素供給作業開始
平成24年 4月
超高純度ヘリウム容器専用BOX『HELIUM BOMBE』販売開始
平成26年 4月
NMR運搬・設置作業開始